10月 アドバイス
 
2学期末には受験校が決定…
今が正念場
 
講師:鈴木克太郎
2学期は体育祭をはじめ、合唱コンクールや、文化祭など学校行事が多く、気持ちの面でも何かと落ち着かない学期です。しかし、学校での授業は1学期のスローペースな授業と比べものにならないくらいハイペースで授業が進んでいきます。しかも、学習内容の面でも重要事項がひしめいています。受験生にとっては、受験に向けて、模擬テストや実力テストが毎月実施され受験適正校の判定をしていきます。さらに中間テストや期末テストも、内申に関係していますので、軽視できないテストです。さらには11月・12月にかけて二者面談・三者面談が行われ、受験校を決定する作業に入っていきます。そう考えると、非常に密度の濃い生活になってきます。
どのような受験勉強をすべきか、という事が目標校の合格を勝ち取る上で重要になってきます。

2学期前半は、3本立ての勉強


①塾での勉強


塾での学習は、中学校の学習範囲の残りの部分を11月いっぱいには完了するように授業がすすんでいます。クラスや教科によっては、すでに中3の学習範囲を終えているところもありますが、先取りをして総合問題の演習時間を設けるために、学校の授業とは無関係に進んでいきます。しかし、いずれは学校でも学習する事柄ですし、入試でも出題される内容ですから、塾での学習で、完璧を期すようにしたいです。今まで通り宿題で出された内容をしっかりとする事と、月例テストで習熟度を確認する事が大切だと思います。
②学校の勉強


塾ですでに学習した範囲を後から学習する事になりますが、記憶があいまいになっている事や、理解が不十分な点がないか、授業に集中するようにしてください。すでに勉強しているからといって、授業態度が悪くなったりする事のないようにしてほしいです。内申点に関係しています。また、定期テスト前には、時間を割いて定期テスト対策をする事も必要です。1学期までは、塾の授業が、学校の授業とあまりかけ離れていなっかったので、対策はしやすかったと思いますが、点数の出方で評定が決まります。これも内申に直接関係する事ですので、しっかりと点数を出すように準備して臨んでください。

③受験勉強


いわゆる『アツモノ』での復習は一通り終わっているでしょうか?塾からはサミングアップという教材を出しています。学校によっては、同様に受験用教材を出している中学校もあります。一通り1年生からの範囲を振り返っておく事が大切です。出遅れてまだ終わっていないという人も、基本問題だけでも一通りやっておくと大きく違いが出てくると思います。アツモノが終われば、ひたすら問題集に当たって、自分の解けない問題の発見とその克服が、いわゆる受験勉強です。解けない問題や、疑問に思う点を集めて、先生に質問してください。

中3生は、とにかくテストの連続といった日々が続きます。テスト予定日を確認して、学習計画を立てる事が必要です。以前からいっている事ですが、『目前にあるテストに全力で当たる』事が好結果を生み出し、『やる気』を充実させる事にもつながります。受験生活でもっとも大切な事は、日々の努力によって、自分が磨かれている事を実感する事、自分が高められている事を実感しながら更なる高みを目指す意欲を持つ事だと思います。受験生のみなさん、そういった意味で、いい受験生活を送って欲しいと思います。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。